2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伊良湖サーフキャンプその1

シルバーウィークは皆様どうお過ごしになられましたでしょうか?

私たち家族は愛知県の渥美半島にある田原市に2泊3日でサーフキャンプツアーに行ってまいりました。
もちろん車で。0歳児の赤子がいますけど(笑)。


irago.jpg


結婚前に1度訪れたことのある伊良湖エリア。
もちろんそのときもサーフキャンプだったけど、まさか子供を引き連れてまた訪れるとは(笑)。

しかし、今回意外とそんなに遠く感じなかったかな。
てゆーのが、シルバーウィークにもかかわらずクソ渋滞にハマらなかったことが大きい。
行きは地図上の上側ルートを深夜に移動し、帰りは伊勢湾フェリーを利用した朝からお昼過ぎにかけての移動。
行きの渋滞は大丈夫としても帰りは確実にヤバいと思ってたんだけど、
東名阪自動車道と新名神高速道路の亀山JCTあたりで2,3キロ混んだだけ。
素晴らしい。奇跡だった。

というわけで、今回の伊良湖サーフキャンプは現地で埼玉のファミリーと同じく岡山のファミリーも合流ということで、
3家族合同大人6人子供6人のキャンプ。

実にチビッ子祭りだったのは言うまでもない。

ただ、ほんと子供は同世代で歳が近いので勝手な大人の旅に子供が喜んでもらえるのが一番の目的ではあるかな。

それと今回いつものトリップで大きく異なるのは車。




格安のレンタカーでトリップしちゃいました。
うーん 荷物がいっぱいでも楽!
なんぼでも乗るなー。




てゆーかこの量をいつも軽四に乗せていたことに驚く(笑)


ただ、トリップが終わって帰ってから、レンタカーを返したあと娘が
「あれ?大きい車は?」ってなって、
「私大きい車がいいな~」ってなりました(笑)。
かなり楽しかったのね。また今度考えましょう(爆)。

あ、それと今回の旅はいっぱい写真撮ったので本記事はここまで。
また内容は次の記事にて。




スポンサーサイト

| SURF | 05:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新屋島水族館

先日、香川県高松市にある源平の古戦場として知られる観光地の屋島に行ってきた(2回目)。

ここは標高約300mの溶岩台地となっており、国立公園として初の瀬戸内海国立公園となっている。
また、国の史跡または天然記念物に選ばれており、山頂からの瀬戸内海を見渡す風景は絶景。

で、この観光地である屋島山の山上には新屋島水族館があり、標高300mの山頂にある日本で唯一の水族館となっている。

代表的にはイルカ、マナティなどが人気を集めているらしいが、最近は建物の老朽化が目立ち(たしかに)、さらに瀬戸内海国立公園内にあるということで規制も厳しく、建て替えが困難な状況で今年中に閉館が噂されているとのこと。

詳しい閉館日は不明だが、家から近いしとりあえずもう一回行ってみたというノリです。




屋島水族館入口。
水族館にアクセスするにはまず屋島ドライブウェイを通りいったん山頂の駐車場に車を駐車し、そこからかなり歩かされてようやく辿り着きます(笑)。


それではまずはドライブウェイから。




源平合戦の屋島古戦場を見下ろす。
平家物語で有名な那須与一が、揺れる舟上の扇の的を射落としたことで有名ですね。

で、ここには全国的に有名なミステリースポットが存在する。
それがこの写真だ。




この写真は山を登っているでしょうか?下っているでしょうか?

正解は登り。
登っているにもかかわらず、下っているような感覚に陥るミステリー坂となっている。
坂の直前にはご丁寧に「ミステリーゾーン」という看板があるので是非確かめてほしい(笑)。




さて、ここが山頂の駐車場。
昨日買ってあげたpatagoniaのバックパックをしっかり背負い、娘はご機嫌のようです♪




イルカさんが大好きな娘はガン見です。




そしてここの超メインイベントと思われるイルカショー。
手作り感200%でかなりオススメ!
必ず観ましょう。2回目の今回は内容も異なっておりました。

美少女戦士と悪者がスタッフを巻き込んで戦っております。
真ん中でポカーンとこっちを向いているイルカがウケる。




美少女戦士と悪者の戦いもヒートアップ!
イルカも後ろで大ジャンプ!
前列で観る場合は水をかぶるので気をつけましょう。私は後ろの席で安全に(笑)。






山頂から瀬戸内海や高松市内を一望。
新日本三大夜景・夜景100選にも選定されている。
昼でもヤバい景色なのに夜景となればそうとう凄そうですマジで。



そして最後は岡山に戻って人の少なくなったビーチに。









最近の娘は海~海~ 裸足になる~ とうるさい(笑)のでこの日の〆はビーチにて。
ちっさい頃は足の裏とかに砂がつくのめっちゃ嫌がってたけど、今はもうお構い無し(笑)。
長男も海には来ているが、初のビーチに座らせる。なんやら感触が初のようで思い思いに砂と遊んでいます。

さあ、これから子供2人がどのように遊んでいくか楽しみです。
まだ、あーこの先まだまだ大変だろうなぁっていうのが先行してますけど(笑)。


| 家族 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳥取雨のドシャ降りキャンプ!

週末がキャンプのときは、週間天気予報から目が離せない。

月曜から金曜日の夕方までギリギリ天気予報とにらめっこ。

北にするか南にするか…。

波はないけどなんとか日中天気が大丈夫な北に決定し出発だ~





軽とは思えない積載量を誇る我がマシン。
もちろん後ろもパンパンよ(笑)。

とにかくウチは荷物が多いのだ(笑)。



初日の昼はなんとか天気にも恵まれ、お昼を食べて海へ。

波は無いのがわかってたんで、子供達と海水浴モードに。
合流した大阪の家族の子供と父ちゃんはシュノーケリング。意外と大阪の父ちゃん初体験だったのね(笑)。おハマりになりましたか?

で、ウチは長女のお気に入りクルマ風浮き輪でもってシュノーケリングチームの周りをウロウロしながら泳ぐ(笑)。
さすが東○ですねぇ~ 透明度がハンパないっすわぁ。
長女もテンションがアガりまくり。なかなか最後終了させてくれませんでした。俺は何キロ泳がされたことか(笑)。

楽しかった海水浴も終わり、買い出し・お風呂を済ませる頃にはとうとう降りだした雨…。
半分覚悟してたけどやはりしょーがない。
2家族でワンタッチタープを連結し、ディナーへ。




ビッグサイズなステーキ肉を豪快に!!!

やっぱキャンプの醍醐味はこれっすねぇ~♪
毎回ダッチオーブンしてるんだけど、今回は趣向を変えてスイーツを作ってみたらまあエエ感じにできた☆
次のキャンプでもまた作ろっと。





で、この日は大阪から来てくれた家族の子供達がウチの娘を見てくれてほんとに助かりました(笑)。
ここらへんの年代になってくると子供達同士で遊んでくれるのでええわぁ~




シュノーケリングでお姉ちゃんから頂いたおっきい貝殻では「アリエルのおっぱい隠すやつ」を連呼(笑)。

ウケるわ~
純粋すぎる下ネタ(笑)。
ハタチぐらいになってもう一回やってくれませんか(爆)?




ほんとに今回の鳥取1泊キャンプは夜から次の日が雨で、撤収から何から大変だったけどこれもキャンプの醍醐味として(笑)。
次の1週間ぐらい乾かすので苦労しましたよ。

家の庭にテントやら寝袋やらがっさ~と巨大に干してあるもんで、通行人は何やこの家は!?ってなってたでしょうね(笑)。

なーんか今年の夏は短かったような気がするなぁ~と毎年言ってるような感じですが、涼しくなった秋キャンプを最後まで楽しみまっしょい☆


| キャンプ | 05:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Gibson USA Flying V Japan Limited 2015

fenderストラト愛一筋だが…






や!





ば!




うぃ~!


Gibson USA Flying V Japan Limited 2015
カッコよすぎる。
御商談したい(笑)。

あんま弾けないけど憧れるのは勝手だ(爆)。


| 音楽 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しんきん合同ビジネス交流会

岡山県内全域から幅広い業種の企業が参加し、ビジネスの交流・商談を自由に進める「第11回しんきん合同ビジネス交流会」が今年もコンベックス岡山で開催されました。

今回は真面目な記事(笑)。



今年もウチの会社は出展だっので、会社代表のひとりとして参加してきました。




『 岡山の元気がここに集合!』がキャッチフレーズ。
参加企業による地元岡山の経済活性化が目的だそうです。

まあ~しかしいろんなビジネスがあるもんですねぇ~
集まったのは400社弱。
業種、取り扱い商品はほんと様々でこちらとしても交流以外に勉強になるし、刺激を受けますよね。




お~ 噂のドローン発見。
けっこうおっきいのね。まあいろんなタイプがあるんだろうけど。
ソフトバンクのpepper君がおったりで、トレンドなのもあれば昔からある食品もあったり。

とにかく歩いたので足が疲れた~
こちらも他社に負けないように頑張らなあかんっす!


| 仕事 | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

撮り鉄してみた

我が地元である倉敷のとある駅がザワついている。

ちょうど電車で岡山市へと向かうときに、最寄り駅に何か見慣れない列車が停車しているではないか。




列車を取り囲むように撮り鉄の方々がいっぱい。
何が来てんの!?






トワイライトエクスプレスだ!

っといかにも知ってそうなリアクションだが、名前を聞いたことあるくらいであんまし知らない(笑)。
かつて大阪札幌間で運行されていた寝台特別急行列車のようだ。

ふーん。

なんか、凄そうだったんで俺も撮り鉄の方々に混じってスマフォでパシャパシャ。
きっとかなりレアなんだろうなと思いながら(笑)。



| 岡山 | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8/23(日)岡山県備前市てのひらまつり

岡山県備前市八塔寺ふるさと村望ヶ丘キャンプ場にて、入場無料の「第9回 てのひらまつり」が8/21~23で開催。

もともと埼玉県で開催されてたのが震災によって開催者の方が岡山に移住されて、2012年からここ岡山で開催されるようになったんですって。

子供たちのための手作りなお祭り。
手作りごはんで無農薬野菜はもちろん。
マイ箸マイコップ持参だったら、いろんな特典あり☆
イベントやライブ、プール遊びなどゆるーく楽しむお祭り。

で、故郷が奈良である妻の友人がブースにて出店してるらしいじゃないの。
こんな面白そうなイベント行くしかないっしょ!ってなわけで家族で行ってきました☆









ところでここ備前市八搭寺ふるさと村。

メッチャ山ん中(笑)

行くまでの途中、ほんまにこっちでやってるんかな?と正直不安で(笑)。
さすがの私もここのエリアに関しては初めて踏み入れます。

超がつくほどの田舎度数。調べてみたら納得。
岡山県では独自にある一定地区を保存するように、「ふるさと村」という総称で事業を進めているらしいのです。
それがまさにここ八搭寺ふるさと村。
茅葺き屋根や段々畑が古来農村の景観として保存されてるわけですね。
さらに、映画「黒い雨」テレビドラマ「八つ墓村」「火垂るの光」のロケ地にもなっていたというではありませんか。
実は凄いとこだったんですね…

で、その村の中にある望ヶ丘キャンプ場内で今回のイベントは行われています。







キャンプ場入り口からメインエリアの風景。











まさに自給自足。
電気が必要な場合は太陽光パネルで。
よく出店でめっちやデカい音だして発電機が稼働してるじゃあないですか。
あれはもう完全にNG。

スローすぎる雰囲気の中、各自それぞれの時間を過ごすようです。












今回次の日私が仕事だったため、キャンプインできなかったんだけど、来年度は是非泊まりのキャンプで来ようかなと。
関東で開催されていたということもあり、震災についてお話もイベントスケジュールに組まれていたりとで、またゆっくり訪れたいですね。
妻の友人や主催者の人にも会えたし。
現地で知り合いがいると心強い(笑)。

あと一番娘がハマったのは子供用プールがあったのがよかったです。
1回の入場料払えば何回でもOK。
まさかそこまで泳がんだろーと浮き輪とか用意してなかったけど、ガッツリ必要だわ(笑)。来年は持参で。


自然回帰、LOVE & PEACEな本イベント。
なんでもかんでもデジタル化されている現代。たまにはこーしてありのままに自然と向き合い、少々不便でも気にするなよっていう生活をするべきなんだな~と改めて感じました。




| 自然 | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。