PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第1回倉敷リレーマラソン

去年のことなんですがブログにアップ。
12月13日土曜日に会社のメンバーで第1回倉敷リレーマラソンに参加してきたんですよ。



超地元となる倉敷スポーツ公園にて1周1.56㎞の4時間耐久リレーマラソンが開催されたんですよ。
1チーム4~10名構成で約200チームの参加となった今回。非常に盛り上がりましたね~






そして我がチームの1番手となった私。
開会式後にダラダラとしゃべっていたらいつの間にか1番手の皆さんはスタートポジションに。
あら~ 最前列が無理やったー
並んでくださーい みたいなアナウンスないのね。
来年からはすぐ並ばないと。



私のスタート地点から前方。
うぬー 最前列が無理だった。



後方。
ぞろぞろいっぱい。
かんがえたら約200人がいっせいに球場出口を目指すわけでなかなか危険っすねー 気をつけないと。




スタート直後の球場出た瞬間に友人が撮影してくれた。
さて私はどれでしょう?
上半身が林家パー子カラーな人がそうです。
このときはまだ余裕ぶっこいてますね。

ただ、このスタートんときドドドドド~ってすんごいハイペースだったわけ。
この直後に左コーナーが待ち構えてて、他の人と接触しながら

大転倒のち、手から出血(笑)

100あったHPがスタート直後に10ぐらいになった気分。
もうそっから地獄。
ペース配分がほんとに重要だってことが思い知らされた。
それと転倒+出血での精神的ダメージも大きかった。

なんとか1周走りきり、次のランナーにタスキを渡し、HPが2ぐらいのフラフラな状況で医務室へ(笑)。
ひとまず血だらけの両手を止血してもらって、休憩に。

リレー形式で耐久なんで、ひとまず他のランナーが走ってるときは自由行動になれます。
とにかくノープランに第一周目を終わってしまったので、とにかく体力を回復させるしかない。
それとせっかくこのマスカット球場内に足を踏み入れているので、ベースボールプレイヤーの気分に浸ってみよう。



センター付近からキャッチャー方向




そこから反対のバックスクリーン



今度は自分の脚も。

うーん 広々として気持ちいいね~
なかなかレアな経験です。
そんな感じで球場内をゆっくりウォーキングし、体力回復にいそしむ。

そして、2回目、3回目、4回目と周回をかさねていったんだけど、1周目の経験を踏まえ、ペース配分をしっかり守り周回していったところ、毎回タイムを短縮して更新していくことができた。

疲れの蓄積よりも、ペース配分の慣れによる効果でタイムがよくなっていったわけだ。

要はハイペースである区間だけものすごく速く走っても、全体を通して息切れせずに平均的に速いほうがタイムがいいってこと。
身をもって経験することができたんすね。


その後4時間経過し、リレーマラソンはいよいよ終了。
Webとの連携で、常に順位がわかる状態だったのがよかった。
気になる我がチームの順位は伏せておこう(笑)。
子供ができる前コンスタントにジョギングできてたので、運動不足って感じではなかったけど、今はもう完全に運動不足。
毎日仕事と育児に追われている状態(笑)。
ある程度育ってくれたら妻とゆっくりジョギングしたいのが本音ですよね(爆)。

あと休みの日とか父ちゃんと母ちゃんちょっくら波乗り行ってくるわーとか(笑)。

子供にまた!?とか言われながらになるんでしょうかね。
そんな日が来るのでしょうか(笑)。

というわけで、この日打ち上げでみんなで飲みに行こうとなってたんですがあまりの疲労に中止で。
疲れすぎましたね。
ただ、こんなイベントは会社として非常に活気づくと思うので来年も参加したいな~と。
ただ、もうちょっと上位に食い込みたい。
さらに言うと結果の上位が学生チームばっかりだったのもビミョーなとこ。
ほんま若いモンには勝てんっす…




| ジョギング | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syunkasyuutousnow.blog67.fc2.com/tb.php/775-ee95af52

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。